×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1月24日(前編)
彼らの話し声で目が覚めた マドゥは出勤準備中 パンツは裏返して着てる
靴下を鼻に当て臭いチェックをしてたから笑った 家に帰らなかったから仕方ないね!

彼の会社 シンガーって会社 ミシンを連想するけどスリランカでは
テレビや冷蔵庫などの家電製品の販売が主 勿論ミシンも売ってるけど、、
4900Rの基本給に販売の歩合が付いて合計だと6000〜7000R位に成ると言う
これティッサマハラマで会社に勤める倍の給料(あそこは仕事を得るのも苦労するが)
親戚がトクトク持って運転手してるから その家の部屋を借りて生活してる

彼が靴を履いて出勤って時 昨夜のスリッパ見せるから腹をかかえて笑った
プラディープは知らないから「何?何?」って 彼が簡単に説明する

昨夜 食事に行くのに彼は会社出勤用の服を着て行くのを嫌がったから
俺が着てたTシャツと短パンを差出した でも革靴じゃ似合わないよね、、
彼は裸足で行くと言うが日本食を食いに裸足って訳にはいかない、、
「安いの買ってあげるよ」と言ったが もう何処も閉まってた

仕方ないから裸足でトクトクに乗って食事に行く前に探したが
やはり 何処も閉店で裸足のまま食事に行く事にした 

そしたらトクトクのおじさん 自分が履いてたスリッパを脱いで彼に渡した
勿論バッチイ いつ捨てても良さそうな使い古しだが裸足で行くよりはマシかな、、
でも おじさんは裸足になっちゃうよ、、そう言うと
「店に行くのに裸足じゃ入れんだろう、良いから履いて行け」って、、

トクトクの代金30R位の近距離だが彼の気持ちが嬉しくて100R札を渡した
あのスリッパだったら70Rも出せば新品が買えるけど気持ちの問題だ

マドゥが「タクシー代」って手を出す
そうか忘れてた 彼の出社と昨日の分に昼食代を加えて渡す
家に帰ってないから彼の財布は空だったんだ、、
「今日は一旦 部屋に帰って着替えを持って来るから少し遅れるかも」
「いいよ誰か友達にデカチン居たら連れて来て」「OK!」と彼 会社に向った
何時もはバスで出勤だが ここからの路線は知らないらしい、、

俺達も服を着て朝食に行く事にした(マドゥは朝食抜きで可哀想だったが)
出る前に「ちょっとウンチ」用を足すのは本当だけどトイレでウエストポーチのチェック
ティッサでの事件から財布の中の現金は毎回トイレでチェックしてる 確認OK!

朝食後 昨日の公園でハントしようとするが早い為かあまり人は居ない
海岸で泳いでる数人のグループが居た、良い身体して顔も良いがリッチ層
カメラとか持ってる物も違うし着てる服も違う

プラディープに言わせれば裕福層は食物から違うから痩せていないし
自分でボディを鍛える余裕が有るから体格も良いそうだ
確かに買収できる雰囲気じゃないから諦めた、、
他は恋人や新婚カップルばかり、、やはり仕事が終る時間帯に来るべきだ、、

諦めてホテルに帰って一休み する事が無いから何時の間にか昼寝してた
2〜3時間は眠ったみたい遅めの昼食を食べて再度 公園に行くスケジュールにした
出発前のトイレ もう習慣になったチェック、、あ!また3万円足りない!

ベトナム用の小遣いって言っててティッサで3万抜かれ7万になってたが
今見ると4万円になってる 1回も財布を触ってないから寝てる間に抜いたな、、
ウエストポーチに鍵は付けてたけど鍵の場所は見て知ってるし、、

たぶんベトナム用は帰国時か帰国後しかチェックしないと思ってる、、
そう、、前回の3万も知らない振りして黙ってたし気付いてないと思ってるな、、
こうなると泥棒と同居してるようなもの、、

今回も気付かない振りして「何を食べに行こうか」と話した
夜は日本食だが昼間はファーストフードで済ましてる
節約した食事代やレンタカーの代金は婆さんの葬式代の借金に消える筈、、
(そう言う建前で行動してるが これだけ抜いたら借金充当できる金額に達してる)


1月24日(後編)
食事、ネットカフェの後 再度ゴールフェイスへ
トイレ新築工事もたぶん後2〜3日で終って完成かな、
工事人達が仕事を片付けて帰ろうとしてるから声を掛けた

「綺麗なトイレが出来あがったね」英語が判るのは1人だけだった
「何処から?」「日本人だけどタイから来た」暇な外人と思ったろうが話を続けて
「明日帰るけどティッサに居たからコロンボの遊び場を知らない面白い場所は無い?」

まあ途中省略で6人の内3人が俺持ちで食事に付合う事に、、
狙ってたのは1人だけ、勿論この3人に含まれる もし含まれてなかったら
途中で気が変わって その場所を離れてたと思う(残念ながら英語できないけど)

「ここ前から来たかった でも高いからOKか?」
そうは言っても現地人向けの食堂って感じだけど(少しだけ洒落てる感じ)
話によるとゴールフェイスの近くはビジネス街で他地区より値段が高いらしい

そうは言ってもケンタッキーやマックより安いと思う
彼らは何時もは仕事が終ったらコロンボ郊外の家(貸家)に帰ってから
交替で作って食べてると言う 奥さん田舎に置いて出稼ぎが2人 独身が1人
同じ村の人達だったが村の名前を言われても知らなかった(山岳地方らしい)

一緒に居たプラディープと どうやって知り合ったかとか話は尽きない
当然隠さずゲイだって話す「コイツだろ欲しいのは」ってズバリ聞かれた
「セットで無きゃ売らないぞ」ともう1人が、狙ってた本人は照れ笑いかどうか黙ってる
「俺達高いぞ1人1000R 3人セットで3000R ディスカウントは無しだぜ」
バーツで言えば3人まとめて1500Bだから高いとは思わないけど、、

そうと決まれば急がなきゃマドゥが会社終って来るかも(遅れるとは言ってたけど)
トクトク2台で行こうとしたらプラディープが「4人で行って僕終った頃に帰るから」
そんな訳で2人乗り用って感じなのに無理に4人、、乗れれば乗れるものだ、、
トクトクのおじさん倍の値段を言ったけど許す、、車が壊れなかっただけマシだと思う

結論から先に言えば「ガッカリ」あ〜ん起たないや!
今年はビデオ持ってこなかったのが失敗 ノンケに俺の裸見せても起つ訳が無い
1人だけ起ったけど早漏!手で触ってる間に出ちゃった「あっ」と言う間だ、、
何か3000Rが高い気がしてきた、、ガッカリしながらも約束だから払った
「明日も要るか」って聞かれたけど欲しい訳が無いでしょ!

プラディープが帰ってきた 彼の「購買部」で売る商品を見て周ったそうだ
「今置いてある品物 ティッサの他の店で買える物ばかりだから洒落た商品
ティッサの他の店では買えないような物を置けば まだ客は増えると思う」
そう言って今日調べてきた品物の店や値段を俺に話す

確かに上辺だけ聞けば彼の話は もっともだが何か変、、、
そう、、俺に買わせて持って帰り彼の購買部で売るって話だった
自分で働いて得た利益で次の商品を仕入れるなら話は解かるけど、、
(今売ってる商品だって俺が置いていった彼らの生活費を流用して
 それが原因で婆さんの葬式の時には金が無く借金しなきゃならなかったのに)

これって仕入れ金額がゼロで売っただけ全部が利益って事だ
そんな商売だったら誰がやっても失敗する筈が無い、、そう思いながら聞いてると
「あの店もっと品物を選ぶと学校に来る学生は買いに来る
 化粧品や服の洒落たのも置きたいし もっと高級な学用品も欲しい」

「そうだね今の仕事が上手くいったら その儲けで仕入れて店を大きく出来るね」
「それじゃ時間が掛かる 今仕入れて帰れないかな?」
「俺の今回の予算は最初に言ったろスリランカが最後じゃ無いんだ後1ヶ月以上ある」
「でもクレジットカードで金は出てくるでしょう?」
「勿論そうだけど その金は俺が後で返さなきゃならない金だよ」
 
あー良かった彼の前で暗証番号を打たなくて!もし打ってたらカードも盗まれてた
失敬した金で満足せず俺からもっと絞り上げるつもりなの?
「まあ帰るまでには考えておくよ」と返事して多少の期待は持たせたまま終った

マドゥが来たのは9時前 カッチリした友人も連れてきた
簡単に昼間のハント事件を話したら笑ってる「僕達が来るまで待てないの」って、、

彼の友人が先にHするって言うから望み通りに、、他の2人はトイレ待機
身体はガッチリ さて持ち物は、、普通かな、、お!硬くなる!
戦闘体制でズコズコ勢いは有ったが4分でミサイル発射 早い!
すぐマドゥに代ってもう1回 彼は慣れてるからコントロール利いた

プラディープは寝る時にマッサージと同時って事で今は無し
彼らが終ってから話してたらマドゥの友人もティッサだそうだ
俺が昔 土産に安い時計を配りまくってた頃 彼は友人からその時計を800Rで
買ったと言う、タダで貰って売りつけた奴が居たらしい、、

その時計を見せてもらった 980円で売ってた5気圧防水バッテリー5年ってやつ
確か10個買ってタイとこっちで5個ずつ土産にした物だ
電池無交換で5年以上動いたという「日本の電池は凄いね交換後は1年おきに替える」
今でも動いてる方が驚異的だと思うけど、、なにせ980円の安物だし、、

遅くなったが10時頃 皆で食事に、、4人で日本料理は高くつくから
中華料理の店に行った 初めての店 何だか高級そう、、敷居も高い感じ、
メニュ−見てホッと一息 日本料理の半額位の値段で済みそう
そうなりゃコースで注文 いろんな味が楽しめそう、、

と思ったが食えない、、彼らは美味いって食べてるけど中国で食べる中華料理の味
あまり美味いと思わなかったが彼らは感激してた
俺の舌 日本風な中華の味に慣れて本格中華だとダメなんだ、、、


1月25日(前編)
毎日 公園ってのも飽きるから手抜きしてプラディープにハント頼んだ
彼もコロンボ知らないからホテルの前で何時も待機してるトクトクに聞いたみたい
毎年来てるからトクトクのおじさんとも顔見知り
気楽に話して彼らが連れてきたのは何とイックバル君 最初の日に遭ってる

紹介料をトクトクの交通費まで入れて400R取られたとプラディープが悔しがる
この辺でゲイの男と言えばイックバルに辿りつくみたい、、
彼「何で直接電話してこない?」って言うけど今は他のと遊んで
夕方に電話しようと思ってたのに、、

そう聞いて「OK何人欲しい」そう言うから「出来たら男を見たい」
俺だって好みがあるから値段が同じなら好きなの選びたいし、、
「よし!判った じゃ一緒に行こう」

結構遠い場所だったが数ヶ所周って3人選んだ
ゲイじゃ無く 地方からの出稼ぎ労働者達だった
どんな事して金になるかはイックバルが説明するから手間は省ける

もう素人同然の彼らだが俺みたいなのが時々居るらしく
日本の都会で聞くホームレスの朝の仕事を集めるトラックみたい、、
その場所に待機してれば臨時の労働者集めに来るみたい、、

イックバルがハントする時の説明が凄い(勿論 彼に翻訳してもらったけど)
「さあ!普通の倍の金になるぞ!この男と ちょっと寝るだけの短時間で2日分だ
 おまえのチンポ コイツの尻にグサっと入れて1発やったら終いの簡単な仕事」
そう言ってたと言う 大勢集まって来るから その中で1人選ぶだけ
それを場所を代えて4回繰り返し3人ゲット(1ヶ所は良いのが居なかった)

金になれば何でも良いんだ、、朝の仕事に在りつけ無かった日の幸運みたい、、
1ヶ所なんか「ズボンの上から握って選べば?」と言われたから皆のを握った、、
1人ずつ俺の前に来て触らせてOKを待つ こんなの初めてだった、、、

行く時に言われた「金は俺が貰って彼らに渡すから 彼らに直接払わないように」の
意味が判った、日当2日分ってたぶん200〜400Rだと思う、、差額は彼の懐へ、、

ホテル到着 プラディープは俺がHする間は外で遊んでもらう事にした
2人は たいした事無かったが1人だけ凄かったズコバコ20分位かけて
その後 抱きしめられたり まるで俺 女になった気分、、強い奴だ!

こいつは順番2番目だったが外で待機してたイックバルがドアをノックして
「もう終ったか」って2度催促、、時間タップリに遊んでもらえた
せめて言葉が通じたら住所とか聞いて次回も遊びたいけど話せないから無理
どうせ他の人と同じ金額しか貰えないだろうから内緒で1000Rあげた、、

彼ビックリしたような顔で俺を見た 人差し指を鼻の前に「シー」ってポーズ
でも これ万国共通の合図なのかは俺は知らない まあ通じたみたいだけど、、
彼 感激した顔で感謝の印をゼスチャーで表わしてた 笑顔が綺麗な青年だった

イックバルが「俺とも遊ぶか?」って聞いたが今は要らない
「後で」と答えたけど彼は来なかった まあピンハネした金で酒でも飲んで
約束を忘れたのだろう、、満足してたから どっちでも良かったけど、、


1月25日(中編)
彼らが引揚げてもプラディープは帰ってこない、、まあ そのうち帰ってくる、、
暇だから下に降りてホテルのドアボーイと話してた
去年も予約無し事件で世話になってるし毎年の顔なじみ
俺が何してるか知ってる 彼とは毎年話してるが今迄誘ってない、
仕事場で俺と寝て職場の皆に知れたらと考えたら遠慮してて当然の事、、

「今日チェックアウト、君とも別れだね、本当は君の事を誘いたかったけど
 このホテル勤務じゃ無理だよね、次回何か土産でも買って来ようか?」
「今は無理だけど次回に来られる時に手紙を下さい、休暇を取って
 僕の田舎でも案内しますから」「OK!じゃ土産も手紙の返事に書いてね」

ここで ちょっと閃いた「後で荷物を取りに上がってきて」「はい」
部屋に帰ってバッグの荷造りを始めた それが終った頃にプラディープが
マドゥとその友人と3人で帰ってきた

「あれ?一緒だったの」「いや 今 下で遇ったんだ」
「今日が最後だね、今 荷物を詰めてたけどTシャツとか要る?」
余った衣類を彼らの前に投げ出した 彼らが選んで分けてた

「早めにHして遊ぼう、食事も食べたいし飛行機の時間 慌てたくないから」
今日はプラディープが先に、マドゥ達と交替する時に
「空港へのタクシー 10時頃に来るよう頼んで来て」と手配を頼む
飛行機は午前1時50分だから2時間前チェックインで空港までの時間を
加えても11時で間に合うけど途中しばしば検問やってるから ゆとりを持った

プラディープが居なくなったらマドゥが言い出した
「あいつ何様だと思ってる、せいちゃんの御蔭で生活できるのに自分で偉くなったと
 思ってる 今も彼が買ってたもの下で偉そうに見せるんだ金の指輪だよ」
「確かにヘクターと違うね」「あんなに変るとは思わなかった金持ち気取りだ」

何と答えて良いものか、、「少し贅沢させ過ぎたかな?」
彼「人の事 悪く言いたく無いけど あいつとの付合いは御免だ」
「そうか、次回 君と会う時は彼をこっちに連れてこないよ」

じゃ彼が帰って来ないうちにって早めにH 友人と同時プレイ
今日は何処から持ってきたのか雑誌のグラビア写真のページを破ったのを持参
友人君は それ見ながら起たしてる、、やはり女の写真があれば起ちが良いね
(この写真はヌードじゃ無く水着の写真 こんなんで起つなんて純情?)

H済んで精算して帰るかと思ったら空港まで見送りに行くと言う
それからカミイへ土産を貰った Gパンのお返しだって、、
麦藁帽子だ、俺があげたタクシー代を倹約してバス使い 買ったとか
「これタイにも有るかな」「どうだろう でもきっと喜ぶよ」

プラディープが帰ってきた
「俺 今日はヒルトンで日本食を食べたい 君達は好きなのを食べに行って
 俺 空港に行く時間は10時だから ゆっくり食べてくるよ」
そう言って彼らに食事代とタクシー代を渡した

俺はトクトクでヒルトン方向へ 彼らは歩いて反対方向へ
暫く行ってから「御免 忘れ物した ホテルに引き返して」と頼む
引き返した玄関で例のドアボーイに「出発の荷物を降ろすから来て」と頼む
このホテル ベルボーイとドアボーイが区別されてないから便利、、

彼と一緒にエレベータに、部屋に入って「君のを見せて」と頼む
ジッパーに手をかけても後に逃げないからOKだ 彼は立ったままで彼のチンポを触る
しばらくいじってたら大きくなる、標準よりはデカイ黒光りした立派な物

「このまま出るまでシゴキ続けるよ」とシコシコ擦る
本当は寝たいが長い時間 客の部屋に居たら不自然だろうし、、
うん!元気だ!スピード上げてタップリ5分遊んだら「でます」
俺の掌で受けとめた ドクドク濃いのが放出される 勢いも量も合格!

チップあげようとしたら要らないって、、次回 本当に遊びに行けるか確認された
彼 荷物を持って下に、俺は空港で軽食でも食べるから出ないで部屋に居た

ドアをノックの音 あれ?マドゥ達が返って来るには早過ぎる
さっきのドアボーイだった「ここに家の住所を書いてあります」って持ってきた
ホテルの住所は判ってたから心配してなかったけど家の方が都合が良いらしい

「お願いがあります、もし次回 本当に私の田舎の方に来られる気が有るなら
 御供の方は除いて1人で来られませんか?」
「それからホテルの休暇は3日か4日が限度です、その間のガイド料に1万Rを
 頂けないでしょうか?土産は要りません、現金が欲しいのです」

1万Rは彼の月給が7000Rだからチップ込みの月収とほぼ同じ
日本円だと15000円だから簡単に聞ける金額だ、、
損得を電光石火で計算してOKの返事をだした
ホテルマンとしての彼は外人の扱いに慣れてるから それだけの価値は有ると踏んだ

ちょっと無駄話して彼が金を欲しい理由が判った 半分は家に仕送りしてるから
使えるのは5000R 生活的には普通の生活が出来るがTVを買いたかったとか、、
以前プリヤンガにソニーのTVを土産に持ってきたのを運んでるし
プラディープとTV買う話してたの聞いて俺を見たらTVが頭に浮ぶとか(笑)

一番安い14型のTVは1万Rで買えるから この際 正直にリクエストしてみたと言う
お互いの利害が一致した話だから何も文句ないよ!


1月25日(後編)
時間前に暇があったからホテルの精算してた
「友人が明日午前中にチェックアウトで部屋は使うけど
 代金支払いは今晩の内に済ませておきたい、幾らですか」

その後 外でトクトクの おじさんと無駄話 
毎年 使い捨てライターをねだる カチカチって言う音の響きが気に入ってるとか、
ホテルで働いてた人達が仕事をあがってそこに現われた
おじさん 今貰ったばかりのライターを見せびらかしてる

今年の男遊びはどうだったかって おじさんが聞く
毎年と同じだと答えてたら「いったい幾ら払ってる?」とホテルの従業員が聞く
「値段は人によって違うけど500R位が多いな」
数人集まってるから 安いとか いろんな意見が飛び出す

その中の1人に「君なら1000Rでも良いよ」って言ったら
ズボンに手を充てて「デカク無いよ」と言うから
じゃ触って遊ぶだけで500R払おうか?って重ねて言った
交渉成立 俺の部屋に行くのかと思ったらレストランの厨房に連れて行かれた

「500Rなら触って遊ぶだけだぞ」って念を押された
彼が取り出したのはデカイ!シコシコ遊んで1発 はい500R!
ドア開けて外に出たら他の人も待ってた 時間が無いから後1人ね、、
この人はレストランのウェイター朝食の時に会ってる

ここに居た人達は皆レストランで働いてる仲間みたい
2人がバイトした金で今から皆で飲みに行こうって話して俺と別れた

頼んでたタクシーに乗ってプラディープ達がやってきた
空港まで1000Rで交渉してるが帰りも含めて往復なら安い
来る時は片道で同じ値段だったから、、

さあ出発 部屋に戻る事もなく そのまま空港へ向う
空港近くで3回も検問があった、 まあスリランカ=ゲリラ=テロって構図が
浸透してるから警戒が厳重なのも解かるけど、、

荷物のX腺検査の所で彼らと別れねば送迎に入場料が必要 その場で別れる事に
マドゥ達の精算は済んでたからプラディープだけ、、

財布を取り出す1000Rがタクシー代だね、500Rは明日のバス代 もうルピーが無いやと
彼にベトナム用って言ってた財布を取り出した

「あれ?ティッサの家に来年迄の生活費4万Rは置いてきたの忘れてた
 帰ったら金庫の中を見てみて 日本円で6万円入ってる筈だから
 残念だが婆さんの葬式代 節約しても残らなかったね、1万Rは払ったから
 もし急いで返さなければならないなら6万円の中から払ってね」

そう言って荷物をX腺の機械に入れた ウエストポーチも、、
彼らと別れを惜しんでる時間は無い、コンベヤの向こうで荷物を取って
振りかえり彼らに手を振る マドゥが「また来てね」って手を振る、、、

空港2階の外れの免税店、去年のおじさんが居ないか行ってみた
20過ぎの青年が居た「今日は社長は帰宅しました」って、、
いつもながら ちっとも客は居ない 飾ってある商品も去年と同じ
これで経営が成り立つのだろうか? まあ儲かってれば去年のような話しないと思うが、

今11時過ぎ 出発まで3時間近くある、タバコを取り出して彼に「吸うか」と差出す
タバコ吸いながら(本当は禁煙だけど この店は灰皿も用意してあって外から見えない)
「社長の お知合いですか」って聞かれた「去年 ここで会ったから挨拶さ」
「毎年来られるんですか?」「あぁ来年は彼に男を紹介してもらおうと思ってた」
「あ、その件なら社長に電話しましょうか?」「いや いいよ今年は今日帰りだから」

「トイレは何処かな?」「あの トイレに ついて来いって意味なら店を離れられません」
そんな意味じゃなかったけど棚から牡丹餅!「いや じゃ先におしっこ 待ってて」
トイレの大の小部屋に入り おしっこしながらホテルの支払いの時に隠したルピーを
元の財布に戻す(節約した分だけど あげたくなくて隠してた)

店に戻ると机の奥が片付けてあった ここ店を覗いても見え難い
そっちに行って彼のをズボンの上から触ると彼も俺のを触ってくる
チャック開けて彼が屈んで俺のを口に入れようとするから
「俺 君のを尻に入れて欲しいな」ってリクエスト

1u四方も無いから寝るのは無理だけど俺が机に手を付くような格好でズボンを下げる
彼はズボン着たままゴム付けて後ろからズコズコ 机が振動してギシギシ音が出る
ゲイじゃ無いと思うが慣れてる感じ、外を気にしながらも優しく時には激しく、、
黒っぽい肌が汗をかいてる 彼らの汗って独特の体臭で俺を酔わす、、
10分は持たなかったが充分に堪能できたHだった

500R渡すと もう少しって感じで見る、200R追加した
ルピー持ってても国外に出れば だだの紙屑、、まだ有るぞ、どうしよう、、

彼と別れてから1階の隅にインターネット発見!
ドルの値段しか書いて無いがルピーで支払えるって言うから覗いてみた
この国でもATMやネットが急速に普及してきてた
さあタイ航空のアナウンスだ 出発ゲートに入ろう、、

飛行機が飛んでから機内で今回の旅の事がいろいろ浮んできた
ティッサでの命がけのSEXとか インドネシアの彼女の話とか、、
そして消えてしまう日本円の事とか、、ホテルのボーイの事とか、、

プラディープは何で あんな行動したんだろう、、
プリヤンガの時と違って彼は自分が受け入れた家族のつもりだ、、
子猫の時に拾ってきて育てた飼い猫と違って
野良猫の大人を拾ってきて餌をやるようなものだ。。

だが出来が悪かろうが自分が育てようと決めた奴、
しかし俺が居る事が彼に悪影響を及ぼすなら離れなきゃ、、

貧しくて美味しい食べ物を食べた事が無ければ知らずに済む
しかし美味しい物を食べ慣れてて途絶えたら それは不幸だ
同じ「食べない」でも一方は平気で一方は不幸、、
知ってるか知らないかの差だけなのに、、

あえて彼を その状態にする気で居た
彼が自分の店を持ったから俺が援助しなくても生活出来るようになってるし、、
彼がもっと金に欲をだして仕事を頑張れば
俺が与えた小さな援助は彼の為になったって俺も嬉しいし
もし失敗して店を手放すなら彼の商売の勉強が足りなかった事になる、、

HPの表紙の「海外生活のおすすめ」のページに最初から書いてるように
俺のタイとスリランカに対する考え方は最初から違う

スリランカは好きな国だ これからも訪れるだろう
今年はマイレージも45000マイル溜まるから それを利用して来年も来るだろう
(福岡からタイ経由のコロンボは3980マイルでギリギリ無料航空券が貰える距離)

ティッサには2〜3年は行かないだろう 俺が行くと彼の為にならないから、、
その後は現金を持たず自分の別荘に行ってみたい、、
今迄の関係は無理だけど自分で家族って決めたから どうなったか見なきゃ、、

残念ながらヘクターのような人間には彼は なれないような気がするけど、、
せめて商売だけでも成功して欲しいな、、
貧乏の辛さは彼の家族が一番知ってるから、、

来年はとりあえずマドゥとホテルのボーイ君の世話になろうかな、、