×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2001-12月20日
少し遅れて4時前にドンムアン空港に到着 タクシーでいつものホテルへ
掲示板でバンコクOFF会を宣言してたから今日の内に床屋に行っておこう
この頃は日本で床屋に行くと高く感じてしょうがない、、
まあボサボサ頭で行っても誰も驚かないだろうけど、、

すっかり日が暮れた頃「まぐろ屋」改め「奈菜屋」に夕食へ
ついでに明日のOFF会の予約をしておいた
まあ日本じゃ無いし この時期はクリスマス前の忙しい時期だから
どうせ何人も旅行者などの日本人が集まる事は無いと思う

やっぱり男と遊ばないと眠れない、しかし旅の疲れで遊びに行く元気は無い
この頃シーロム界隈で遊ばなくなった、HPに写真掲載してから
「シートォングだ」とか偶に聞こえてきて見張られてるみたいだから、、
結構HP見てる人は多いみたい、出来たら話掛けてくれたら嬉しいけど、、

12月21日
予約してた今回の全チケットを午前中に受け取りに行った
本来は代金受取後に発券だけど俺のホテルリストに協力して頂いてるから
その信用で先に発券してくれてた、だから ありがたい事にすぐ受け取れた
まあ あのページ無料奉仕の読者サービスだけど これ位の余禄は有って良いよね、、

この後 予定では日本円の両替のつもりだったけどメチャ両替率が悪いので中止
スリランカやベトナムは両替しなきゃ仕方ないけどタイは率が良い時に預金してるから、、
だけど何処まで下がるんだろう 日本の経済 もっと悪くなりそうだし、、
これって持ってる金が目減りするのと同じ事、、海外預金もっとしとけば良かったかな、、


夕食の時間 奈菜屋で8人のOFF会 旅行者、滞在者、掲示板で知ってる人
初めて呼びかけに応えて集まってくれた人 皆さん集まってくれてありがとう!
奈菜屋の他の客にはゲイの話で違和感が有ったかもしれないけど(離れた部屋を使用)
隣部屋まで聞こえるような遠慮無い笑いの話題で楽しい一時だったね、、

時間が無い人も居たから軽食店で話して別れたりして時間の有る方はSAKEへ、、
飲めない俺は最後まで付合うのは辛いから挨拶済ませて途中で退場、、
明日の午前中にメール頂いた人生相談の人と会うから夜更かし出来ません

そう言いながらもホテルの近くで黒人に声かけまくってた、、
英語もタイ語も通じない場合が多いので10人目にしてやっと交渉成立、、
黒人にしては小柄なチンポだったけど400Bでハントしたから値段相応かも(^^)

でも彼 その400Bで「これで今晩 女買って遊ぶ」って、、
あれだけ激しいSEXして まだパワーが有余ってたんだね、恐るべし黒人パワー!

12月22日
モーニングコール頼んでたから何とか起きた 約束の場所で相談
事前にメールでおよその話は聞いてたけど ちょっと深刻、、
これじゃ確かに他の人と一緒に食事しながらって訳にはいかないね、、

俺を信用して相談されたんだから何とか解決策を見つけてあげたいけど
俺に出来るのは今迄の人生経験とタイ人の考え方を教えてあげる事くらい、、
自分の人生だから最終判断は自分でして頂くとして少しは力になれたかな?

午前中には部屋に帰れた すぐにHさんから電話 昼食をフォーチュナーで一緒に
顔は昨夜のOFF会で初めて見たけどメールでサコン来訪希望と頂いて約束してたから
何回かのメール交換ですっかり友人になってた、、

彼の携帯で おすぎさんに電話 THさんが部屋決まって そこに居ると言うので
俺達も見学に行くことにした、、THさん俺の掲示板や他ので書込んでるから
皆さん御存知だと思うけど彼タイに滞在する事に決めて仕事を辞めた
若いから将来の準備が万端と言う訳じゃないけど自分の人生だから思うが侭に生きたいよね、、

時々携帯で場所を聞きながら到着 彼アパートの近くのタイ飯屋で美味そうに食ってた!
滞在が長い おすぎさん達はともかく 彼のタイ歴は僅か、、もう食えるんだ!
俺 今でもタイ食を食えないから羨ましいやら適応が早いと驚くやら、、、

案内してもらったアパートは数部屋に別れてて作りもしっかりしてる
1万Bちょっとでこれなら納得って感じ、入口のセキュリティもしっかりしてる、、
おすぎさん さすがに現地在住だけあって良い物件しってる、、

ここで俺から これを読んでて現地在住の方の力を借りたい方にお願いが、、
掲示板等で知合った現地在住の方の力を借りたい場合 
例えば だだの観光案内程度の御願いでも費用は旅行者側の全額負担のつもりで、、
彼らは行き飽きた場所へ案内するだけでも自分の時間を犠牲にしてます

旅行者にとっては短期間だから使うのが苦にならない金額でも彼らには平常の生活です
もし現地採用の人だとタイの賃金だからタクシー代すら負担に感じる筈です
日本食を毎日食いに行ける生活はしていない(日本の値段だから)

力を借りたいと頼むなら行動中の全費用だけでなく彼らの行き帰りのタクシー代まで
考えて頼むべきだと思う(例え相手が好意で「いらない」と言ったとしても渡すべき)
タイ人の運転手やガイドにはチップを渡すのに日本人だと相手の面子を考えてか
渡すのを戸惑う人を良く見かけるので書いておきます、(御土産だけじゃダメだよ)
(幸いにTHさんは ちゃんと心得ていたけど 良く聞く話だから これからの為に)

ただしサコンナコン訪問は御土産を含め何も考えないで構いません
俺もカミイも金で買える土産なんて期待してないし滞在に関する費用なんて僅かだから
俺の金銭感覚だと「貰うのも面倒くさい金額」なので遠慮無くどうぞ!

THさんのアパート見に集まったメンバーでサウナ チャクランに行く事になった
俺チャクランは初めて、前回行こうとした時 黒人との睡眠薬事件で行けなかったから
わくわくしながら皆さんについて行った とても綺麗な造りで気に入った

最初は内部の把握にウロウロしてたけど勿論やる事は同じ
掲示板では暗室が規制されて明るいとかの情報が有ったけど復活してた
暗い通路で握ったチンポは硬くてデカイ これこれと思って誘導し
部屋で電気つけたらハゲたフラン、、御免!悪いけど、、(逃げ出した)

昨夜も遊んでいないからHさんに付合ってもらってアンバサダーへ
しかしマッサージの営業時間は終了してたから近くのビッグボーイへ
俺が誘ったんだからOFF代やチップ含めて全部こっちで持つよ!遠慮してないで選んで!
そんな訳で2人そろって「御持ち帰り」

この時に俺がOFFしたのがT君 タチでデカチンだったから
すっかりノンケだと思って この時は遊んだけど彼もゲイだった

最初Hさんとボーイが俺の部屋に立ち寄ってビール飲んでたけど
アルコール入ると起ちが悪くなる奴が多いから彼らが帰ってもTは「おあずけ」
彼 飲みたそうな顔してたけど お仕事が先

Tこの日は頑張ってズコバコ2回に渡って合計1時間 結構パワーが有って凄い
激しいお仕事が終わってからビール美味そうに飲んでた
彼ゲイバーで働き始めてまだ2ヶ月にならない 勿論SAKE等には出入りしてたみたいだけど

そんな話しながら彼の故郷の話に、、兄弟は2人
「僕よりデカチンだし背も高いよ」って、、彼も大柄な方だから想像してしまう
「じゃ何時か機会が有ったら故郷ラヨーンにも行って兄さん達も見たいね」

「ラヨーン行った事があるの?」「サメット島に行った時に港だけね」
サメットでは あまり良い想い出は無いので巧く話をそらした
「明日からサコンナコンだから機会が有ったら君の故郷も訪ねたいね」

「え!サコン?あんな田舎(イサーン)に行くの」「あぁ家が有るんだ」
そんな訳でカミイとの出会いの話とかしてたらすっかり遅い時間に、、
新年13日に会う約束をして彼はボーイ3人で借りてるという部屋に帰っていった

この後の話はイサーン編を書いてから続く事になる、、

イサーン編へ
---------------------------------------------------------------------------

1月13日
飛行機の時間がずれてた、、このチケットだけ10月にJCBで以前買ったチケットが
トラブルで使えなかったので差し替えてもらったチケットだった
その時点でのタイムスケジュールだと16時30分発 17時35分着の予定

しかしタイ航空がサコン路線を縮小し毎日飛んでた便がPBエアーになった
TGそれに伴い時間変更が有ったらしい、、まあ乗れて良かったが到着が
ナコンパノム経由になって1時間遅れる、、

困ったぞ、、7時に皆と会う約束してるのに、、間に合いそうにない、、
実際には 到着も遅れて7時頃 あわてて公衆電話に走って連絡
なぜか電話できない?壊れてるのかな?隣の電話に移っても同じ?
何て事は無い、公衆電話なんて普段 使わないから俺が知らなかっただけ

最初の0は押さなくても自動でセットされて次の番号(携帯だと1とか)から
押すだけで良かったんだ、、メチャ焦った、、
「皆さん 集まってるよ」「御免 まだ空港、今から急いで行くけど時間が、、」
「大丈夫 待ってるから」「じゃ皆さん先に食べて飲んでて お詫びに俺が払うから」

チェックインもせず 先に奈菜屋に駈け付けた 勿論荷物は持ったまま、、
わぁ!メチャ集まってる!前回のタイ組メンバーの他にリンクでおなじみのてっちゃん
日本からはパタヤ王子さん Shuさんが新顔(ZOCKさんの掲示板で書いてる)
サコンで別れたHさんの顔も、、前回より多い人数かも、、

(後でおすぎさんに「掲示板で見て行ったけど それらしき会が見当たりませんでした」と
 連絡された方 御免なさい、俺以外の方は顔写真を公表してないから俺が遅れた為に
 見つからなかったんだと思う お詫びします)

俺の油断で時間が1時間以上遅れたのに皆さん文句1つ言う訳でもなく
暖かく向かえてくれた、、待たせて御免、、、
俺だけ飯を食べる もう皆さんはとっくに食べてたから遠慮したかったが
話に花が咲いてたから食べながら俺も参加 9時過ぎまで話し込んでた

明日が早い仕事の人は別れたが他の人は俺のチェックインに皆ついてきた
ホテルに歩いていく スクンビットで安いホテルなんて初めての人も居て見学会
エアコン TV 浴槽 全部揃ってるでしょ、、
短期の旅行だと豪華なのも良いけど長期旅行だと節約出来る所は節約しないとね、、

それからソイ4の軽食喫茶に移動 話題は多方面に、それぞれの人生観があって
聞いてても楽しい 俺バンコクは行きと帰りに立寄るだけの旅行者だから勉強にもなります
生活してると俺の知らないバンコクが見えてくるんだね、、

日本から来てた2人は ここで別れた 短い滞在期間を楽しんで帰ってください!
前回のT君が ちょっと気になって皆を誘ってビッグボーイに、、
ゴーゴー系と違って音楽が喧しくないから皆で話すには便利だね

今日 遅れたお詫びに飲食い1万Bまでは俺が払うって約束してた
奈菜屋や喫茶で勘定した後も まだ余ってるよ 遠慮せずボーイ呼んで良いけど
この全員がOFF指名すればOFF代までは払えてもチップまでは無理かな
だから遠慮してたら損 早い者勝ちで奥部屋で遊べばチップ含めて予算内
だけど こうなると互いに譲り合って誰も奥部屋に行かなかった(^^)

ボーイのT君 今回もホテルへ 今日は1人だけ まあデカイから1人でも満足、
眠れなくて話し込んでたけど彼 結構 真面目、、今迄あちこちでOFFして10年
いろんな性格のボーイと付合ってきたから根性が良いか悪いか位は簡単に判断できる
この子の人柄は合格だ 友人として お客として しばらく付合ってみようか、、
ソムチャイと似てビール好きだが こっちが頭は賢いな、、

実はこの日ナコンサワン編で書いてるソムチャイと空港で会う事になってた、、
飛行機が遅れたから遭えなかったのかなって思ってた でもホテルにも尋ねて来てない? 
日本から空港で遭えなかったら何時ものホテルだからってハガキ送っておいたのに、、

ソムチャイどうしたんだろう?気になるが彼の家にも近くにも電話は無いし、、
明日からナコンサワンに行く予定してたけどホテルで待機するしかないかな、、
(今日から出発って予定が組めなかったのはベトナムビザの申請を明朝予定してたから)

***結局 この後も彼とは遭えずサコンに帰ってから2月24日に再度バンコクって
手紙を送ったが それでも来なかった どうしたのか気にしてたら日本に帰国して
手紙の整理をしてたら最初のハガキの返事が来てた 姉さんが彼に転送したらしい
彼 仕事がみつかってサムイ島に居た「行けないけど頑張ってます」って内容だった***


1月14日前編
朝の1発の後でフードランドまで出て朝食 ネットカフェやマッサージしてたら2時過ぎて
日本食の昼食時間をオーバー 不味いか高くてもOKかを選択すれば各ホテル内の
日本レストランでも食えるけど そこまで要求しないからマクドナルドで済ませた

昨夜「もし明日まで待ってソムチャイが来なければ君の故郷ラヨーンへ遊びに行く」と
約束したからTを着替えに帰す(嬉しそうだが結果は今晩まで待たないと判らないよ)

おすぎさんに電話連絡 この後の予定を話す まあ今晩 暇だから遊ぼうよ!

Tがホテルに帰ってくるのを待ってタニヤへ サコンだと海の魚が食えないから今日は寿司
おすぎさんと待ち合わせた寿司 築地の前に、彼がNさんも来るって言うから待つ
そろったところで何故か気が変わって寿司幸へ どっちも似たような値段だけど
寿司幸は あまり安いメニューは無いから少し高くつくかな、、

Nさん もう食べてきたみたい 遠慮しなくても おごったのに、、
じゃ その金を「男遊び」に廻そうか ここで食べたら1人1000B位だから
何処で遊ぶか希望の場所を言ってね 付合うから

結局 寿司幸はTや俺 おすぎさんの食事とNさんのドリンクで3000B位 予定通り、、
Tには「ナマの魚 食えないだろうから外で食べておいで」って言ったけど
「大丈夫」って あらら本当に美味そうに食ってた、、値段に警戒してたけど
「あのメニューの値段って たった これだけの量?」って ぼそっと言ってた(^^)

食事中に おすぎさんの携帯に彼が「息子」って呼んでる子から電話が、
この息子 聞いたらHの関係は無く 部屋に時々寝泊りに来てるって、、
良く現地在住の人が言ってて耳にするけど同じように「部屋代フリーの同居人」らしい
最初(12月21日SAKEで)会ってるから初対面じゃないけど外で待つ事に、、

その息子「O君」も付合ってNさんと おすぎさんが話し合って決めたアルバリーへ
スクンビット11の奥 以前おっさんが掲示板に紹介してた場所
俺ゴーゴー系が多かったからマッサージ系の この店は初めて(他の店には行ってるけど)

勿論 何をする所か解ってるけど 最初の門から建物の入口までの庭 広くて遠い
薄暗い照明でスケベな場所って感じじゃなく 金持ちの自宅?って感じだった、、

中に入ると俺達以外の客は居ない まあ個室には居るのだろうが、、
俺達が来たのを見てボーイがパラパラとガラス向うの「展示室?」に入る
他のボーイは適当に休んだり身体を鍛えてたり、、

飲物を聞かれ 写真帖でボーイを選べって感じで渡される
写真を見なくても現物がそこに居るから興味は無いが3人で写真下のAOPの記号見てた
アクティブ オーラル パッシブの略?ってNさん解説 ふむふむ、、
タチ フェラ ウケなんだね、、いつもは見ないから解説書だとは知らなかった、、

本当は俺もう決めてたけど彼らが決めるのを待つ 
だって俺 遊べる範囲が広いから重なったら譲って他の子でも良いから、、
その間にチップ用の1000Bを彼らに渡した
あれ?それを見てた他のボーイ達 一斉にガラスの向うへ皆 移動した、、 

あ!そうかピンときた 俺はTを おすぎさんはOを連れてたから
彼ら遊ぶのはNさんだけって思ってたな 客3人なら当選確率高いよね!
人数 数えなかったけど20人以上は居た、、

OとTをテーブルに残し3人共ガラスの前に「どれにする?」(誰にするって言う雰囲気じゃ無い)
も〜沢山の中から選び放題だと彼ら優柔不断になるんだから(笑)
彼らが決まったから俺も決めてた奴を指名した
「あれ?シートォングさんの趣味と違うんじゃ?」って おすぎさん
「うん、でもイサーン系は遊びすぎたから偶には違うのを」

そう、、南方系 ハジャイとかプーケットに居そうな顔立ちのハンサム青年
百姓で鍛えた筋肉じゃなくボディビルで鍛えたような整った身体だ、、
いつもならタイ式マッサージだが今日はオイルマッサージを選んだ

ロッカーで着替えて俺だけトイレ ウケの身だしなみ バック洗い(^^)
洗面所に置いてあったリストリン「お口クチュクチュ モンダミン」とばかり
口を濯いでたら彼らもそれを見てやって来た
(あれ?まだ居たの もう部屋に行って遊んでると思ってた)

部屋に入ってマッサージ 上手い!スケベのオマケと割切ってたらプロだ!
丹精の取れた身体で効くマッサージは たまらない、、気色いい〜!
微妙な手付きでの刺激も最高!顔をかすめた体位の仕上げは天国への道しるべか?

時々話しながら御互いを紹介 彼ここに2年勤めてるって言うから
この子にマッサージされた方も多いと思う、、絶品だね!

さあマッサージ済んで彼がシゴキだした 前もって「俺ウケだから」って伝えてるから
勿論だがチラッと鏡に映った彼の一物 わおぉぉ!嬉しいデカチン Tよりデカイぞ!
最初チョコッと次いでグサッと挿入する心得は もうSEXを知り尽くしたプロ!

彼まだ若いけど本当に自分の取柄をちゃんと理解してる
サービス満点の笑顔 細かな心遣い そして何より手を抜かない激しいSEX
時には優しく 時には激しく リズム溢れた心地よさ

(マッサージの時の会話でゲイじゃ無いって言ってたけどコイツはプロとして最高ランク
今日は俺だけ沢山チップって訳にいかないけど代りに次回から指名は君で
回数で稼がせてあげるよ、、だって絶対また来たいもの!常連になりそう、、)

終ってチップを渡す時も1000Bを笑顔で受取りワイをする、、
「もうちょっと」とか仕事は3流のくせして言う奴に爪の垢 煎じて飲ませてやりたい、、
金を使っての遊びとしては久々のヒットだった!

おすぎさんと俺が終ってNさんを待ってた
TとOには「遠慮しないで飲んでて」って言ってたけど最初の1杯で済ませたみたい
Tの故郷ラヨーンに明日から行くのにOも同行するって言うから その話してたみたい
彼ら結構気が合うらしく友達になってた、以前に何処かで見て顔は知ってたみたいだけど、、

Oが おすぎさんに「どうだった?」って からかって聞いてる
彼いつもなら金なんか使わないでハントして遊ぶだろうからOも珍しいと思ったろう

まあ時間をかけず手っ取り早く遊ぶなら商業系が一番 それだけコストも掛かるけど、、
サウナで出遭いを求めるのも楽しいし 公園ハントも楽しいけど
時間が無い時は待機してる男を指名するのが遊びの早道 恋は難しいけどね
安くで済ませたいなら「立ちんぼ」を買う手も有るけど、、

俺からのアドバイス
最初に金から繋がった相手は貴方の経済力を あてにします
恋人や友人って感覚で付合ったとしても困ったら助けを求めます
最後まで援助する余裕と覚悟が有るなら何も言いませんが
それが嫌なら あまり深入りした付合いは避けたほうが無難でしょう、、
このパターンで最後まで続いてるのは知る限りでも少ないです、、

Nさんが帰ってきたから さあ勘定して出ようか、、
あらら、、俺達が最後の客だったの? だってまだ12時だよ?
ボーイが群がってガラス室に慌てて入った訳だ あれで売れなきゃ御終いだったんだ、、
これもタクシンさんの指導なのかは判らないけど閉店 早過ぎ!
俺達が出ると同時に明かりが消えた、、、既に玄関は薄暗くしてあったけどね、、


14日(後編)

Oは着替えを取りに帰って明日落合う事に、、Nさんともサヨナラして部屋に、、
おすぎさんは明日ラヨーン同行だからOに着替えを頼んで泊る事に、、

ホテルに帰って今日の遊びとか明日からの予定とか話してた
ツインベッドの部屋だから俺とTは窓側の おすぎさんは奥側のベッド
服を着たまま寝る訳は無いよね 皆パンツ1枚

おすぎさんと話ながらTのチンポいじって遊んでた
ラヨーンの話とかTの兄弟の話だからTも話に加わってる
兄弟ではゲイは彼だけ 母親も兄弟もゲイだって知ってるそうだ
ラヨーンまではバスで2時間ちょっと 彼 時々帰ってるけど新年は帰りたかったが
12月 OFFされた回数が少なくて金欠 2ヶ月帰っていないそうだ
新年になってから俺が3人目の客だそうで確かに2週間で3人は少ないかも

「スリウォン通りのゴーゴーに転職したら?デカイし売れるよ」って言ったら
「人前で裸なんて恥ずかしくて出来ないよ、それに体だけ見てOFFでしょ
今の店なら客と話して気に入ってもらってからOFFって感じだから出来るんだ」
成る程 羞恥心を捨ててまで金を稼ごうって考えじゃ無いんだね、、

毛布の中の彼のチンポ 刺激を与えてるから だんだん太くなる、、
被せてる毛布をずらして直接見えるように、、彼 横目でおすぎさんの方を
ぼそっと「大丈夫 俺の身体が遮って彼には見えないでしょ」
最初は気にしてたけど俺が横寝して確かに見えないと思ったか慣れてきた、、

「私が咥えて大きくして良いかしら?」「いいよ」
彼がベッドの横に来たら Tちょっと照れくさそう
「君の大きいから見たいだけだよ、、ちょっと触らせてあげて」

もう このスケベおやじ達って顔だが おすぎさんが「凄いデカイわ」とか
誉め言葉を連発 本人まんざらでもなさそう、、おだてには人間 誰でも弱い、、
ギンギンに硬くなるまで遊んで「ありがとう じゃ遊んでね」とバトンタッチ

彼タチだから俺と違って抜きゃ御終いで満足と思ってた(今日は抜いたでしょ!)
さすがに いろんな遊びをするね、、残念ながらTはバーの経験が浅く
ウケは無理みたいだから2人で廻しては遊べないけど、、

俺も49歳 おすぎさんも数歳若いけど40代 
2人共 恥ずかしがる歳じゃないし 男遊びの遍歴からして
見ても見られても平気だし 抵抗が有るどころか それも遊びの1つでもある、、

日本語で「見てても良いけど彼が恥ずかしがるから暫く寝たふり お願い」
それでも気に為るとみえて Tはバスタオル巻いて照明を消してまわる、、
タイ語で「トイレの灯りは消さずドア少し開けといて」

おすぎさんが俺達と反対側を見るような横寝
T バスタオルを外して、、お!萎えてない ゴムとゼリーで準備、、
最初は横寝のまま挿入 ズコバコに慣れた頃 彼が上に、、普通の体位で、、

勿論 寝たふりなのは判ってるから「見てる?」「暗くて見にくいわ」
「俺のウエストポーチにポケットライトが入ってるよ」(そう 菓子のオマケ)

もうTもスケベおやじ達に慣れたみたい、、平気でやってる、、
スポットライトが彼の股間の下から照らして顔を僅かに浮びあがらせる、、
彼ちょっぴり照れ笑い、、おすぎさん「凄いわ〜元気だわ〜」って楽しんでる

ビデオカメラじゃ無く ただのライトだけど後から横に周ってTのチンポだけを
照明してる(まあ見たくも無い俺のお尻も見なきゃならないだろうけど)

ズコバコやってたT さすがにSEXって雰囲気が薄れて遊びの感じに、、
少し柔らかくなったけど ちょっぴり羞恥心の混ざったショーに笑いを噴出してた、
「いつも こんな事して遊ぶの」「まさか、普通は1対1でしょ」
その後も しばらくズコズコ遊んでたけど さすがにこの状態で射精は無かったな

Tとは この後も付合うことになるが変則3人プレイ?は この時だけだった
彼 仕事が終ってシャワー「ビール飲んでいい?」勿論OK 
仕事前のアルコールは俺は硬くならない奴が居るから嫌だけど
済んだら ご苦労さんって感じで疲れを癒してあげたい、、

おいおい午前3時だ、、寝ようよ、話は尽きないけど明日が大変、、、


1月15日 前編
昼食を兼ね奈菜屋に荷物を預けTの故郷ラヨーンへ
バスの中で俺があまりに期待した話をするから
「田舎だと そうだけど 僕の家はラヨーンの街の中なんだよ」

そう、、サコーンと同じにハントやりまくりって話して
彼が そんな安い値段だと誰も来ないよって返事、、
勿論 村じゃ無きゃサコンの街やウドンタニでも「旅行者価格」
そう言うと少しは安心した様子、、(だけどバンコクよりは安いよね、、)

3時間弱でラヨーンの街 あらら、、以前は港しか見なかったけど
この街は けっこうデカイ、、サコンに無いものがイッパイ!
ケンタッキーやマクドナルドは勿論 ピザや焼肉のチェーン店まで揃ってる
デパート等の大型店も沢山有るみたい、、

そんな景色を眺めてたら到着、、Tが車を交渉してる
皆で乗りこみスタート 街が華やかな感じ、道路も綺麗だし車も新車が多い
何よりイサーンと違うなって思ったのは「赤土」のホコリが無い事
そう、、土の色が違ってる 

ウドンタニ ナコンパノム ムクダハーン ウボンラチャタニ
その他 何処に行ってもイサーンの感じ方は俺には同じだった
何故だか今まで考えてもみなかったが それは空気の「土の香り」だったんだ、、

勿論ラヨーンだって農家もあるし田舎もあるが
たぶん俺が其処に行っても「故郷に帰ってきた」って感じはしないだろう、、
今更ながら「旅行してる」って感じてる、この奇妙な感覚 我乍ら変、、
どちらかと言えば遊び場の無いパタヤに来たような感覚、、
(こんな事を書いても誰も解らない「感覚」だけど、、)

けっこう大きなタラートの前で降りる
Tの母さん この市場で魚を売って生計をたててるとか、、
売場には妹?が居て母は家だと教える 俺達を見てTに「小遣い よこしなさい!」
ポケットに探りを入れられてた、、男勝りな娘だ(^^)
(残念ながらTには食事代程度しか渡してないよ〜)

彼の家は歩いていける距離だった 彼アパートって言ってたが2所帯用に
1軒の家を真中で仕切った半分が母さんの住んでる家で彼もここに住んでたとか、、
バスの中で「家も無い貧しい」って聞いてたが普通のアパート(確かに持家じゃないけど)

彼の母さん 俺と同じか若い位の年齢、突然の「外人達」の訪問だが普通に挨拶
Tが話してる間 暫く待ってからホテルを捜す事に、、彼の家が近い方が
頻繁に行き来 出来ると思って近くの歩行範囲のホテルに行くが何故か満員、、

街中で数軒探しても不思議と満員の所ばかり、、浴槽無しの安いホテルは空いてたけど
Oの意見でビーチサイドに移動して捜す事になった
海岸までは車で10分位かな、、降りて数軒 海岸沿いのリゾートホテルを捜すが
何故かここらも満員、、仕方ないからちょっとランクを落して捜したら
やっとチェックインできた、、

ラヨーンって有名な観光地だとは思わないけどホテルはピンからキリまで
シティタイプからリゾートタイプまで数多い どんな人が利用してるのだろう?

さてチェックインしたのはバンガロータイプ 数軒の家に別れて1軒が中で
半分に区切って2組のゲストがチェックイン出来る構造
ちょうど良いから1軒借りた おすぎさんとO 俺とT それぞれの部屋を確保
このホテル捜すまでに結構歩いたから足が疲れた、、、

この海岸、、ビーチホテルは沢山有るけど かんじんな筈の そのビーチが、、
絶対に泳ぎ目的で客は来ないと思う だって砂浜じゃないし波止めのテトラポッドが
あちこちに置かれてる美観もなにも無い所、、
(昔は綺麗だったのかな? それなのに満員のホテルが有るしレストランも有る?)

昼過ぎバンコクを出て Tの母さんに会って ホテル捜してたら もう夕方、、
さっとシャワー浴びて晩御飯を食べに行かなきゃ

Tが日本食の有る場所を知ってるって言うから あてにはしてないが見に行った
あらら、、ホントに有った奈菜瀬(漢字が違うかも)って店 本格的 ちょっと居酒屋風
Tは日本食が食えがOはどうだろう、、外でも良いって言うのに店の人に聞きながら注文してる
味は「まあまあ」美味くも不味くもなく普通かな、、
近くにも日本人が居る工業団地が有るらしい 制服着た人が数組 食べに来てた、、

食べながら遊び場情報をTに聞くがゲイバーは無いらしい、、
処が店を出た途端 その道路前の喫茶店?から怪しい雰囲気が、、
アカシヤって名前の その店 店の前に座ってるのが全員 男、、
おすぎさんが「ゲイの匂い」って言うから入ってみた

一見しただけでは ただの喫茶店だけど従業員に聞いたら やはりそうだった
バンコクと違って変な目で見られない為のカモフラージュでOFF出来るそうだ、、
だけどボーイの数は数人だから好みの子が居るかは貴方しだいかも、、

結局OFFしなかった Tが兄弟や友人を連れて来るだろうから、、


15日後編
Tが誰かを連れて来るだろうから 
その分も余計にビールを買ってビーチ沿いのホテルに帰る
Tがハントがてら母さんに会いに行くって言うから聞いた

「客少ないって言ってたから今月の仕送りはマダだろ?幾らあげるつもり?」
「2000Bあげたいけど」「そうか、1日1500Bで計算してるから3000Bは先払いしようか?」
その3000と行き帰りの車代を添えて彼に渡した、Oも一緒にハントに付合うと出ていった

おすぎさんと俺は暇、夜の海岸通りを散歩 
何かの像の処で俺達と同じ位の年齢の人が数人
竹筒の穴から箸みたいな棒を出して占ってるようだ?

この像は別の「いわれ」が有って以前からの物だが
ここで「宝クジが当りますますように」と祈った人が みごと当選してからは
この像の運にあやかりに人々が集まってきて祈るそうだ
そして数字を書いた棒を誰が置いたか知らないが当選番号を占うらしい、、
彼らが帰ってからも他の人々がやって来ては像をさすったりしてた

待てど暮せどT達は帰ってこない 深夜になってから酔っぱらってバイクで帰ってきた
まったく、もう、、デカチンの兄貴達は どうしたの、、
「僕がゲイって兄貴達 知ってるから来いと言っても何するか判ってて、、」とガッカリな返事
まあ逆に言えば金に釣られない「出来た」男達って言えるかな、、

この後にTと付合って段々と彼の細かい性格を把握していくけど
彼は正直だが口下手な所が有って 男のハントとかに向かない性格かなとも思えた、、
だが後述するパタヤでは 遺憾無く彼の才能を発揮 メチャ ハントが上手い
結局 彼 自分が恥ずかしいと思うと顔に出て相手に悟られるって事みたい、、

「母さんには お金あげたの?」
「うん、最初2000渡そうとしたら残った1000見て全部取られちゃった」あらら、、
まあ日本人の客と来てるから またTは貰えると判断しても おかしくは無いか、、
彼ゲイだとバレてても売春してるとは言ってないみたい、俺の事パトロンとでも言ってるのだろうか?

「処で母さん 僕と連絡したいから電話番号を教えろって言う
まさか店の電話を教える訳にいかないから携帯を買おうと思うんだけど、、」
「買うのは君だから俺は何も、でも金は? 俺は後 数日 君をOFF出来るけど足りる?」
「中古なら安いと思う」「そうか、じゃ計算してみよう」

「19日にはスリランカに行くからOFFは18日迄、5泊だから7500B 既に3000渡したから
残りは4500Bだけど足りるか?アパート代も払ってないだろ」
「え?6日だから9000Bじゃないの?」「おまえ、1泊2日でOFFされたら1日分?2日分?」
う〜んって考えてたけど やはり電話は欲しいらしい、、まあ残りを貰ってから考えたら?

(ボーイのOFF代金は人それぞれ、1日1500Bでも普通なら週だと1日当りを多少安くとか
OFFする側の経済状態でも違うし話合って最初に決めるのがトラブル回避の秘訣
逆に相手の人間性やサービスで変化するチップの要素も有り後払いの人も多い
俺の場合「こんなおじさん」に付合ってくれる訳だから多少 気前良く払ってる)

あ〜あ、、期待してラヨーンまで来たのに今晩は男無しで寝るのか、、
Tは酔っぱらって意識はしっかりしてるけど肝心のチンポは硬くならない、、
別にTを母さんに会わせる為に来た訳じゃないけど、、
彼の地元だから沢山遊べると期待してたのに、、

明日も こんな調子だったらバンコクに帰ろうかな、、
せめて按摩だけでもって思ったけど繁華街にはマッサージも無かったし、、
有るマッサージは売春婦の溜まり場ってTが言うし、、

ブツクサ文句言ってたら「マッサージは有るよ」って お寺?ワットポーみたいな場所かな?
まあ明日でも行ってみようか あまり期待はしてないけど、、
今日は諦めて寝るしかないな、自分でハントするべきだった、、おやすみ、、