×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ちょっと たちよりバンコク編 1  

TGでバンコクに到着 バリではチェックインの時コンピュータダウンでさんざん待たされた
バンコク到着 夜8時 今日でN様ともお別れ 明日早朝には彼 日本に帰る
最後の食事を2人で食べに行った 何か10日も一緒に居ると名残惜しい、、

部屋に帰るとフロントから伝言が、、T君電話を何回かかけて来てたらしいが
彼 英語も殆どダメだったから用件解らず 電話番号のみ書いてある
こっちから掛けてみた 何と空港のインフォメーションセンターだった
勿論T君の事 聞いたけど解るわけも無い、、、、

N様が深夜空港に出発された 俺ホテルで待機してたけどT君からの連絡無かった
多分俺の所に来るのが嫌で断りの電話だったかな?と思って疲れもあって眠った
明朝T君からの電話、、、
ゲ!まだ空港に居た!

とにかくコッチに来てもらう事に、、「金有る?」「あと100B位」
「じゃA3のエアポートバスに乗ってスクンビット3って言って 降りた所で待ってる!」
(ああ良かった日本語の3がタイ語の3と発音似てて、、)

4台目の空港バスで彼到着 ホテルに、、
一昨日深夜 彼バンコクに着いたが
 何と持ってた金ルピアのままで来たという
両替出来ず 俺がカオサンの宿代とタクシー代として渡した500Bだけ使えたらしい
不安になってカオサンに行かず空港で1夜を明かし 俺の到着待ってたが
どう言う訳か俺を発見出来なかったという(彼 出口の右側にいたらしい俺左から出た)

彼 飯も食わず夕方まで眠りこけた(俺 その間に散髪やスーパーに)
食事に誘って まぐろ屋に、、ガッツイテ食ってた、、その間に話した事は、、
空港のファミリーマートでパン食べて段々と金が少なくなり 帰る空港税も無く
どうしようと思った事 
俺に電話して繋がらずもうダメと思った事、、その他イッパイ、、
まあ結果会えたから良かったね! でも空港で2泊とは、、、退屈そう、、、

食うもの食って元気になったから俺飲まないけど彼の為にソイ カウボーイに、、
再会を祝ってビールとコーラで乾杯! 彼ねーちゃん達が眩しそう でもOFF無しだよ
一旦ホテルに帰った 女プレゼントしても良いけど タマッタもの その前に頂戴ね!
「わお!女抱けるの!イイよ!その前に何発でも!」って
餌に釣られてる!

もう彼ビンビンだった グサッと入れてきた ちょっと待ってソッと優しく入れて止めてて
痛みが落ち着いてきてOK!最初から飛ばすことターボ付きのパワーだ!
唯でさえデカチンだったのに やる時 更に巨大に(貸してね君には負けるけど)
でもパワーは絶対勝ってる! 奥の奥まで突き刺さる これ凄い刺激 感じるぅー

彼 目を閉じて5分位そのパワーでズコバコ ズコバコやってくれてた急にストップ
「俺 行きそう」って彼が言う ちょっと休んで ついでにベッドの外で立って再開
今度は下から突き上げるような感覚 SEX上手な奴だ 俺コイツの女になりたい、、、
10分位で彼 汗だくに為ってきた そのままベッドに誘導してフィニッシュ!良かったあ!

シャワーの後 まだ欲しい?って聞かれたけど彼に遠慮して「女に取ってけ」って言った
彼 目を閉じてる時 さっきのカウボーイの女を想像してたって、、、
「じゃ約束だから女買いに行こうか何処に行く?」「パッポンはバリ行く前1回だけ行った
 から他には?」「さっきの所とかナナプラザとかソープとか色々有るよ」

「何処も知らないから案内して」 「じゃソープ?」「さっきみたいな所」と言う訳で
歩いて行けるナナプラザに、、エイズの注意とゴムを渡し何軒かの店を覗いた
そして女に誘惑されて1軒の店に 彼スグ指名した、、もっと選べばいいのに即決、、
俺が値段の交渉し そのまま3階のやりやりホテルに 金を渡して別れた

そのままソイ11のゲイクラブに行ってみた わーい久し振りのタイボーイ達!!!
でもさっきT君と激しいHしたばかりOFFせず雰囲気だけ楽しんで帰ってきました。

俺がホテルに着いて5分もしない頃 彼も帰ってきた
興奮冷めやらぬ様子で事の一部始終を話して聞かせる 満足して良かったね!
時間潰しでTV見ても彼 英語もタイ語もチャンネル同じ退屈してた
じゃ寝るかと部屋を薄暗くして
オヤスミ、、、、、の つもりだった

彼チンポいじってる! 俺「如何したの」「さっきの思い出して」「それナメテいい?」って
彼のベッドの横に 何て丈夫なチンポだ!ビンビン!
口に含んで楽しんでいたら「口よりさっきのケツの方が感じる」って
うーん 遠慮してたのに お言葉に甘えて入れてもらった

初めての時は凄いパワーで攻めて来たけど 女を抱いて落着いたのか
今度は後ろから抱いてムードたっぷりに 俺の乳の辺りを手で まさぐっている
彼 女を抱いてるつもりのようだ ゆっくり優しい感じのSEXで彼 事果てた、、、

今度こそ本当におやすみ、、、
-------------------------------------------------------------------
ちょっと たちよりバンコク編 2 

腹減ったーの声に起された
イツも遅くまで寝てるからマダ眠いよ〜 彼 朝立チンポを見せびらかしている
それ触りたくて ついベッドから出た そこでもう一度「腹減った」だって!
シマッタ餌に釣られて起きてしまった 彼もうズボンを履きだした「飯 飯」だってガクッ

ホテルの無料朝食の時間は終っていたのでスクンビット ソイ5のフードランドに
ここアメリカンブレックファースト朝9時までなら100円位 過ぎても50B位だったと思う
それに近くに居るアフリカン黒人やインド バングラディッシュ等の黒い人が多いから好き
T君 ここなら安いから気兼ね無く幾らでも食べてね!
(こいつメチャ大食い)

彼 行きたい所があるって言うから
(逃げないように)ちょっぴりカンパ(500B)
俺 イツモのマッサージ屋で極楽 オジンは腰のコリが、、、、
昼間1人で居てもする事無いし 前に書いたタクシーの理想君のアパートに行ってみた
仕事に出ていて彼も 田舎オジンも居なかった、、、、

CPタワーのバイクの彼も訪ねたけど 既に兄が仕事に出ていて彼とは会えなかった
ホテルに帰ったら鍵 T君に渡したって 彼帰って来てたのか
部屋のチャイム鳴らしたら「誰」「俺」「チョット待って」、、、(トイレかな?)
ドアが開いたら、、ゲ!女を連れこんでた
もう自分の部屋と同じに使ってるぅ 俺のベッドは無事だった
女が寝たシーツに寝たく無いもん でも金無しで良く連れ込めたものだ敬服します、、、

彼がバリに行く前に遊んでた女だって、、彼 初日によく彼女の所に行かずに
俺の所に来たものだ、、訳が有るのだろうが良い目に遭ったのだから詮索すまい
でも彼 殆ど英語も話せないのに、、彼女の日本語 誰に習ったのか殆どデタラメ!
どうやってココまで連れて来れたのだろう、、、

「俺 邪魔ならもう少し外に出るよ」「いやもう終ったから それより通訳出来ないかな?」
と 云う訳でお話に、、プライバシーが混じるので書けないが 彼女が俺に
「T君 日本に彼女いるの?」って聞く 俺知ってたけど「バリで知り合ったばかり
だから彼の日本の事は知らない」って答えた、、コイツ男にも女にもモテテやがる(ムカッ)

彼女カオサンの路地でカゴに入れて田舎の飯売ってて彼と知り合ったらしい
てっきり売春婦だと思ってたけど ナルホド大食いで金の無い彼らしい、、
飯と女がセットになってるから(それにイサーン料理安いし)彼 離れなかっただろうな、、、
でも 人の部屋でHが出来る彼の度胸にはマイッタ
彼女 夕方には「仕事があるから」と早めに帰っていった生活大変そう、、

夜は2人でスリウォンへ 「俺ゲイバーに行くけど 君は?」「何処かで待ってる」
と 云う事で彼をパッポンの飲み屋に置いてイツモのバーに OFFしたボーイを連れて
彼の所に、、彼に「俺と今日も寝るなら女やるよ」って聞いたら
「寝るけど今日は女要らない その分 金くれないか」って どっちにしても俺には同じ
「じゃ これタクシー代 俺この子とHだから1時間遅れて帰って来て」って言ってホテルに
でも金は後払い 先に渡せば女のもとに逃げそうだから、、、(御免ね 疑って、、、)

そういう訳で その晩 2度続けてHしてたシートォングでした
----------------------------------------------------------------------------
ちょっと たちよりバンコク編  3 

T君に毎朝 起こされたらタマラナイので寝る前 飯代あげといた
ドアのチャイムの音 彼 朝飯から帰ってきたなと思ってドアを開けた

あれ 違ったCPタワーのバイクの彼とその仲間の3人だった
昨日 訪ねた時 会えなかったけど兄さんから俺がバリから帰ってきたのを聞いて訪ねて来てくれた

話してたらT君も帰ってきた 簡単に彼等の事を話し「Hのアルバイトに来た」と付け加えた
「え!朝から!」って 呆れられてしまった、、
(俺が時間指定した訳じゃないぞ〜)

T君「男のHなんか見たくない」って(自分もHしたくせに) でも俺も彼の彼女とのH見たくないから
同じ事か、、、だから少しカンパ 夕方まで遊んできてもらう事に でも俺明日イサーンに出発するから
お金の事もあり 絶対外泊しないように念をおした

さあ これでOK 新顔の人達と挨拶 バイク君の紹介によると皆 Hのお仕事希望で料金は
俺しだい頑張りしだいと チャント了解済みとの事 (彼何て良い奴だ イイコ 良い子)
彼等にお願いして一人ずつトイレに一緒に来てもらった だって太いの先に遊ぶと後で感じないから
でも それ口に出して言えば誰かが
プライド傷つくでしょ!

さあ順番が決まったぞ!他の人は1階のカフェで待機ね!
最初の奴 勿論1番小さいのだけど それ言ってないから最初って喜んでる
その所為か結構頑張ってくれる 元気モリモリって奴だ
若いからパワーはあった ズコバコ攻めて結構気持ち良い
7分位で発射 びくっピクッと何回もチンポの発射の感覚が伝わってくる、、、
はい ご苦労さん!700Bね 交替で次の人にバトンを渡してきて!

2番目はバイク君 デカメだけど皮かむり、、でも男と寝るのは今日が最初じゃないから
もう 落着いてる 皆さんを連れて来た御礼を言ってスタート
うん 前回以上に上達したね 彼の兄さんをこの後に選んだけど
後に廻したら良かったかな 今日は前回と違ってスグ脱いでくれた
そしてHも頑張って時計見ながら いきそうに為ればスローに調整してる
最後のラストスパートは完璧に決める これなら彼女出来てもOKだよ!
他の人を連れて来たお礼も兼ねて1200B

3番目はバイク君の兄さん 昨日会ってる 俺とどう云う関係か彼に問いただし
白状させたらしい 「そんな事 しちゃいけない」って叱ったとバイク君が言ってた
でも 彼も結局アルバイトに参加してる(金を稼がなくては事故の後だから苦しいらしい)
少し話しをして 彼の納得を得てから始めた、、
バイク君より3歳年上 太さは同じ位だが皮被っていないし少し長め、、

やった!これ大当たり!上手!パワーもリズムも一級品 唯でさえ長くて
お尻の奥まで届き感じるのに色々角度は変えてくるから アタル場所が変わり感じる〜
そして入れる最後にグサッと力を入れてくるから奥壁が凄い刺激 ワオ ワオ!
更にリズムに変化が有り 数分ごとにパターンが変わるから飽きさせない
うーん モット早く知り合えば良かった 明日は出発でもう会えないのが残念!
25分も頑張ってくれた はい1500B

最後はCPタワーの所で前にも見掛けた バイクタクシーのオジさん
今日の中で1番デカイ! もう お尻も慣れているからスグに突っ込まれても痛くない
わお デカイから感じる〜 でも40歳前位の年齢だったから10分位でイク前にダウン
何時もならセンズリショーを見物する処だが今日は一杯チンポ見てるし、、、
俺 不満足そうなのが顔に出てたのか彼少し休んで再び挑戦してくる

しかし チンポがちがちに硬くならず入れる前に折れて中々挿入出来ない、、
やっと入ったけど硬く無いからズコバコは難しい、、
そしたら彼 俺を優しく入れたまま抱きしめるようになでまわす
女を想像してチンポ起たせる作戦のようだ でもダメだった 作戦チェンジで俺のをシゴキだした
お互い 掻き掻きしてセンズリゴッコ 彼のが先に出たが 
彼 俺が出るまでシゴキ続けてくれた ご苦労様 はい1000B

彼と一緒に1階の皆の所に 彼等にお礼とお別れを言って別れた

夕方になってT君帰ってきた 俺が明日午前4時に空港に向かう事
勿論チェックアウトはしないけど この部屋の代金 明後日の12時
つまりT君が帰る5日まで勘定を済ませておくから 飲み物代だけでOKな事を説明した
彼 メチャ喜んでた 明日俺が出たらカオサンにでもと考えていたらしい

夕食は彼と最後のディナーになるからチョット豪華に フルコースディナーと洒落た
とは云っても日本食が元々高いから 洋食レストランの方が安い位だった
コイツ若くてハンサムで顔に艶と張りが有り 
別れのデートで気分最高!
グラスワインで乾杯までは上手くいったが 
その後やっぱり彼だった、、、
ナイフとフォークの使い方も順番も知らない、、、メインの肉など 歯がゆいのか
デカイまま突き刺すようにして食ってる! 
あ〜あ折角の気分が何処かに消えた

部屋に帰って日本での旅費5000円と昨夜とコレからのアルバイト代として3000Bを
彼に渡した そして明日の食事代500Bと空港税500Bをカンパした
空港までのタクシー代位は自分で払ってね!

最後のHはお金を貰ってご機嫌だった所為か それとも俺と別れて彼女を連れ込める
事でも考えたのか 物凄く頑張ってくれた 1時間位はヤリッパナシ!俺出来るなら
コイツ日本に帰ったからも俺の家で飼いたい!
しかも今日は舌まで使って体中を舐めまわすサービスまで付けてくれた
彼 金に弱いとは感じていたけどココまでやってくれるとは思ってもみなかった!
しかも一発終った後もゴムをスグ付け直して挿入してくれる

身体の中に彼を入れたまま疲れて眠り込んでしまった 幸せ!
午前3時頃 頼んでおいたモーニングコールで目を覚ました 
彼のチンポ 抜けていたけど 彼 俺を抱いたまま寝てた 幸福!
電話の音で彼も目を覚ました そしたら また抱きしめてくれた
そして抜けてたチンポを入れなおしてくれて「お別れだね」って、、、
こんな彼をいつのまにか好きになって恋をしてる自分に気付いた、、、
彼 ふざけるようにチンポを出し入れ また硬くなってきた
5分位ゆっくり最後の感触を味わってからベッドを出た
彼の頬とチンポにキスして彼の身体に別れをつげた

さあ 空港に向かわなければ、、サヨナラ T君


執筆順 俺の故郷イサーン編  目次へ